薬の名前の曖昧検索をして同一成分の薬のリストを見る

このページは何?

「患者がお薬手帳を持参しても、医師がその内容を電子カルテに転記するのが大変だし、後発薬の場合は対応する成分名や先発薬を調べるのが大変」といった趣旨の話を見かけたことがあって、なんとなく気になっていたのですが、ちょっと利用できそうなデータを厚労省のサイトで見つけたので、プログラミングのリハビリがてら、曖昧検索ページを作ってみました。曖昧検索ができれば多少の OCR 誤認識も怖くない (はず)。

機能的には、この程度のものは当然、世の中にあるとは思うのですが、本ページを作る過程でBK 木という構造を知って面白かったし、とにかくプログラミングは楽しい (そこか)。思わず BK 木の操作に関するデモページなども作ってしまいました。ちなみに本ページは、クライアントサイドだけで動作しています (よって、必要なファイルさえ予めローカルに保存しておけば、ネットワークから隔離されていても動作します)。なお、紙の「お薬手帳」を画像認識するページもあります。

ではどうぞ検索を

ページ読み込み進行状況→ [ 読み込み中……少しお待ちくださいね。 ]