式の展開の過程の表示・非表示を切り替える

MathJax を少し触ってみて、「式の展開の過程を表示するのと、展開の過程は省略して結果だけ表示するのを、切り替えられるようにしたら便利なのでは?」と思って、少し試してみました。

「次」のところをクリップ (タップ) すると、式を少しずつ展開してゆきます。最終結果だけを見ることもできます。ただ、備考欄は少しずつ展開する場合に合わせて書いてあるので、最終結果だけを見る場合には、備考欄の文言がちょっと意味不明ですね。

備考
$$\int \frac{1}{\sin x} dx $$ 最終結果だけ見ることもできます。

ちなみに、検算してみると以下の通り。合っていましたね!

$$ \frac{d}{dx} \left( \frac{1}{2} \log \frac{|\cos x -1|}{|\cos x +1|} + C \right) = \frac{1}{2} \frac{d}{dx} ( \log |\cos x -1| - \log |\cos x +1| ) = \frac{1}{2} \left( \frac{-\sin x}{\cos x -1} - \frac{-\sin x}{\cos x +1} \right) = \frac{-\sin x}{2} \frac{(\cos x +1) - (\cos x -1)}{(\cos x -1)(\cos x +1)} = \frac{-\sin x}{2} \frac{2}{\cos^2 -1} = \frac{\sin x}{1-\cos^2 x} = \frac{\sin x}{\sin^2 x} = \frac{1}{\sin x} $$

今度は別の例を。 「式を展開してゆく過程の粒度を切り替えられたら、それも便利かな?」 と思って、2次方程式の解の公式を導出する過程で試してみました。

少し飛ばす詳しく見る備考
$ ax^2 + bx + c$ $ = 0$ $a \neq 0$ とする。最終結果だけ見ることもできます。

備考欄の表示・非表示も切り替え可能にするなど、もう少し工夫の余地もあるかもしれませんが、電子テキストでこういう切り替えができたら便利かな、と思います。いかがでしょう。